自動車ステッカー『後方録画中』の効果は意外とあったお話

最近自宅がある住宅街の中をショッピングモールへの抜け道として使う車が急に増えてきて住民一同、辟易としています。こういう問題って割りと最近増えてきているみたいですね。

そういうわけで、うちの地区ではせめて住宅街の住人だけでも規程速度となっている時速30キロ以下を守ろうという呼びかけに至り、我が家もゆっくりノロノロと住宅街の中を走るようにしているのですが。。。

いるんですよねぇ。そういう車をものすごく煽るのが。

そもそも1分も違わないぐらいの時間なのにそれすら嫌がって近道の為にと通り抜けとして使うぐらいの性格の方々、住宅街の生活道路だろうがお構いなしに時速50キロぐらいでかっ飛ばします。

そこで、あまりに煽りが酷いので知人のすすめもあって「ドライブレコーダー搭載シール」の「後方録画中ステッカー」をマイカーの後ろに貼ってみたところ、思いのほか効果が目に見えてあったので驚きました。こういうのって効果無いと思ってた。。。

特にタクシーなどは、グッと近づいてきたかと思えばステッカーに気づいて急に距離を取るようになりました。一般車もわりと同じように離れていきます。(気にせず煽りまくってくる車もいますが‥)

もちろんこういうのはあくまでお守り程度であるとは分かっていますが、少しでもそういう運転の抑止力になるのであれば買って損はなかったかなぁと思えた出来事でした。

ちなみに後方用のダミーカメラも売っているようなので、そういうのも取り付けるのもありかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください