Windows 10アップデート後にTeraTermのウインドウが固まる事象の解決策

みんなだいすきてらたーむ! のTeraTermで、Windows 10 April 2018 Update 以後にTeraTermウインドウをリサイズすると、稀に(というか割りと高確率で)その後のウインドウの移動やリサイズが一切できなくなる事象が頻発しています。

てっきりこの事象って僕だけの環境で起きているのかと思っていたのですが、よく確認してみたところどうやら2018-05-02付でTeraTerm側のバグ修正にて対応がされているようでした。

  icon-link OSDN TeraTerm – ウィンドウの移動、リサイズができなくなる

事象の詳細としては下記のようになります。

Tera Term ウィンドウの移動やリサイズを行っていると固定されることがあり、一度固定されると二度と移動やリサイズができなくなる。 他のアプリケーションでは発生せず、他の端末の Tera Term でも再現する。
OS: Windows10 Pro (1803) Version: 4.98

僕もウインドウが固定されてしまいイライライライライラ‥していましたので、これで無事にスッキリ解決できました!

Tera Term 4.99 にて修正が適用されているようですので、お悩みの方は早めのアップデートをおすすめします。

TeraTermのアップデート方法

ちなみにTeraTermのアップデート方法は、既存のTeraTermやその他関連するソフトウェア(TeraTerm Menu等)をタスクバーから終了し、インストーラーを実行するだけです。事前にアンインストールしておく必要は無し。通常のインストールの流れが始まりますがインストール処理完了後には既存の設定はそのまま残されてます。

ただもし気になる方は念のために設定ファイルをバックアップしておいてもいいかもしれませんね。

TeraTermのダウンロードおよび最新情報についてはOSDNのTeraTermプロジェクトからご確認ください。
 【OSDN】Tera Term (テラターム) プロジェクト日本語トップページ

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください