5年経っても水垢ゼロ。水栓金具の水垢を防ぐために気をつけるべきたったひとつの事

台所や洗面所、またお風呂場の水栓金具って、使い始めるとすぐ水垢がつき始めて気がつけば白い水垢だらけ・・・なんてことで悩まれてる方も多いのではないかなと。 わが家も昔はそうでした。

ただ、今のマンションに入居してもう5年が過ぎましたがそれらの水栓金具(蛇口など)には水垢が一つも付いていません。 例えば下の写真はお風呂場のシャワーヘッドですが、水垢ゼロです。

これ、当たり前といえばそうなんですが、たったひとつ、「使い終わったら必ず乾いたタオルで水気を拭き取る」を守るだけで水垢ゼロを続けることができるんですよね。

繰り返しになりますが当たり前といえば当たり前です

ただ。意識的に続けることをしないと、これが続かないんですよねぇ。
だからこそ、「必ず水滴を拭き取る」ということを守るだけで水垢をつかせないことを続けることができます。

ちなみにシャワーヘッドなどはお風呂時間だと立て続けに使われるので、毎回拭き取るのもある意味大変です。なのでお風呂周りの水栓金具は、お風呂掃除の際に「お風呂洗剤を泡立てて油分を洗い落とす→水気を拭き取る」とすればOKです。

せっかく新居に引っ越したから、綺麗なままで水栓金具を使い続けたいな〜 と思われている方やご家族は、ぜひぜひこのルールを守ることをおすすめします!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください