リンスの使い方、洗い方。大切なのは髪に練りこむ事


最近、洗髪をシャンプーだけですませていたこともあり髪の毛が少し荒れてきたかなぁと感じてきた30代いつき @itukizora です。
というわけで、ちょいとココらへんでキチンとリンスでケアすることにしました!

しかしここにきて、
あれ?リンスの使い方ってどうだったっけ?
サッと洗い流す?それともしっかり?
なんて感じでスッカリと使い方を忘れてしまっていたので、メモ的に調べてみました。

リンスは髪の毛だけに練り込む、練り込む

リンスはシャンプーと違って、頭皮に塗る必要はありません。
むしろ頭皮について洗い残ってしまうと、頭皮にある毛穴をふさいだり、頭皮ニキビの原因にもなるそうです。せっかくシャンプーで頭皮を綺麗にした後ですしね。

脱毛の原因の一つにも‥。(ゴクリ

そんなわけで、リンスは髪の毛に練り込む感じでつければOK。
練り込む、練り込む。

シャワーの水圧でしっかり洗い流す

リンスを練り込んだ後は、しっかりと洗い流します。
洗い残しが残らないように。

このとき、手でゴシゴシと洗い流したら逆効果だそうです。
枝毛や縮れ毛の原因にも。

シャワーの水圧を強くして、その水圧の勢いでリンスを流していくことが肝心。 手は髪の毛をとく感じでサッと入れる程度が大切です。

まとめ

というわけで、リンスを使うときのまとめはこんな感じ。

  • 頭皮には塗らない。
  • 髪に練りこむだけ。
  • しっかり洗い流す。
  • 洗い流すときは水圧で。
  • 洗い終わってから体を洗う。(リンスを背中に残さない)

男とはいえ、しっかりとヘアケアしていきたいもんです!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください