SmartNewsアプリのバックグラウンド通信を止めるだけで通信量の節約効果が大だった

通信量契約が3GBの男こといつきですこんにちは。

いつも月末になると「あ!あと100MB!」とか「おぉ。まだ50MBある!あと一日!」とか「げえええええ0になってるううう」というのを繰り返して疲弊していたところ、何気に試してみた方法で月のパケット通信量をグッと節約できたのでメモ的に。

やったのはiPhoneアプリの SmartNews の『バックグラウンド通信』を Wi-Fi のみに変更するだけです。

これをしただけで、月あたり3GB利用で月末の残が今まで0や数十MBになっていたのが、残500MB近くまで残るようになりました。。。。 まじかよSmartNews。。。。

そもそも SmartNews のバックグラウンド通信は、アプリを起動していない時でも定期的に最新のニュース情報をバックグラウンドで取得してくる仕組みです。 ニュース情報だけでなく画像なども裏で取得してくるので、設定を『常に』にしているとナントカも積もればという感じで1ヶ月のスパンでみて通信量をわりと食います。

これを Wi-Fiのみ にすることで、パケット通信ではバックグラウンドでの取得を行わなくなりますのでグッと通信量の節約になったというわけです。

設定は簡単

設定は簡単です。
設定画面》の《バックグラウンド通信》をタップ。

Wi-Fi接続時のみ》を選択すれば完了です。

パケット通信量の節約にお悩みの中でまだ未設定の方はぜひ試してみてください!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください