iPhone通信量の節約:Wi-Fiアシストはオフにしておいた方が良いかも

iPhoneの《Wi-Fiアシスト機能》とは、電波が弱いなどWi-Fiの接続が不安定なときにモバイルデータ通信を使って快適な利用をアシストするサポート機能です。

Wi-Fi アシストを使うと、Wi-Fi の接続状況がよくないときでも、インターネットに接続し続けることができます。たとえば、Wi-Fi 接続が安定しない状況で Safari を使っていて Web ページが読み込まれない場合は、Wi-Fi アシストが有効になり、自動的にモバイルデータ通信に切り替えるため、その Web ページが引き続き読み込まれます。Wi-Fi アシストは、Safari、Apple Music、メール、マップなど、大半の App で使えます。
Wi-Fi アシストについて

ただこの機能、モバイルデータ通信(パケット通信)を節約したいという人にとっては余計なパケット通信を生じてしまうこともある為、パケット節約派な人であれば機能をオフにしておいたほうが良いかもしれません。

ぜひチェック!

Wi-Fiアシストをオフにする方法

Wi-Fiアシスト機能は、設定アプリからオフにすることができます。

設定アプリを起動し、《モバイルデータ通信》をタップ。

最下部に移動すると《Wi-Fiアシスト》が表示されているので、こちらをオフにすれば完了です。

ちょっとした節約でしかありませんが、ちりも積もればかと。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください