【購入レビュー】K360はコンパクトだけどテンキー付き。見た目もシンプルでオシャレなワイヤレスキーボードだった

2015-02-22_02h00_38

仕事で使うキーボードにロジクールのK360を購入しました。 Amazonで2,827円(掲載時価格)。一昔前に比べるとキーボードはホント安くなりましたよね。 テンキーも付いていての省スペースデザインということでかなり良い感じです。

キーボードには、マウスが付属したタイプの製品もたくさんありますが、僕はマウスとキーボードはそれぞれ別々でこだわって購入したい派ですので、敢えてのキーボードオンリー選択にしています。

選んだ理由

選んだ理由はいろいろありますが。
大きくは「コンパクトタイプ(省スペースデザイン)」だからです。

今すでにロジクールのトラックボール(M570)を使っているので、今回のK360だとロジクールのUnifyingレシーバーを一つ使うだけでマウスとキーボードの両方が使えるようになります。 これも決め手のひとつ。
slooProImg_20150221214959.jpg

使い心地

今まで使っていたキーボードがロジクールのEX110と大きくストロークも深かったので、今回のコンパクトモデルであるK360ではさすがにすぐには慣れませんでした。6年使ったブランクはなかなかのものです。

2時間で慣れましたけど( ゚д゚)

使い心地は最高です。
使い始めて2、3時間でものすごいしっくりくるようになりましたよ。
ストロークの浅さも気がつけばかなり心地いい感じ。

これはお値段以上ってやつですな‥。
結構おすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする