日立が開発した自律走行による移動支援ロボ「ROPITS」が凄い。予約したら迎えに来る

うっほー。これは凄い!
日立製作所が開発した移動支援ロボット(ロボットといっても見た目はミニカーみたいですが)「ROPITS(RObot for Personal Intelligent Transportation System)」がなんだか未来感満々で凄いです。

MONOistが『予約して、後は乗るだけ――自律走行で送迎してくれる日立の移動支援ロボ「ROPITS」』という記事で紹介しています。

このROPITS。
任意地点自律送迎機能という、なんだか舌を噛みそうな機能を搭載しており、この機能で地図上から任意の地点を指定すると自動で移動してくれるそうなんです。
すげーー!

任意地点自律送迎機能とは、携帯情報端末の予約・操作用画面から、地図上の任意の地点を指定すると、ROPITSがその位置まで自律走行してくれる機能のこと。この機能を用いることで、予約指定した任意の地点まで自律的に搭乗者を迎えに行ったり、目的地まで連れて行ったりすることができるという。

要は停めてあるこのROPITSに乗った後に、「駅をポチッとな」とディスプレイの地図から指定すれば勝手に連れて行ってくれる、というわけ。未来だ…。
広大な敷地を持つニュータウンなどでお年寄りや足腰が不自由な方向けのサービスなどができそうですよね。

精度もなかなかなようで、実際につくば市で行われた実験では誤差1m以内に到着することができたそうですよ。

つくば特区の歩道で行われた送迎実験では、目的地の座標(緯度・経度)に対して、誤差1m以内に到着することが確認できたという。

実際に僕らが利用できるようになるにはまだまだ実験や法整備などが必要にはなってくるでしょうが、なんだかワクワクしてくる話題ですな!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする