auユーザはするべし!au WALLETはApple Payに登録して電子マネーとして利用できる

最近、au WALLET プリペイドカードをiPhoneに設定してApply Payとして利用ができるというのを知って「まじか!!!!」と驚いたいつきですこんにちは。

今までは「iPhoneで電子マネーを利用してコンビニでの支払いを簡単にしたいけど九州なのにSuica作るのもなぁ‥。代わりにQUICPayが使えるけどクレカってのがなぁ‥」といろいろ悩んで優柔不断にiPhoneでの電子マネー利用方法を決められなかったのですが、au WALLET プリペイドカードをApple Payに登録できるならこれでいいじゃん!と一気に解決しました。

いつからできるようになってたんや。。。

仕組み:支払い方法はQUICPayになる

仕組みですが。

au WALLET プリペイドカードをQUICPayカードとしてiPhoneに登録します。ですので設定後はお店で「QUICPayで支払います」といえばOKです。つまりQUICPayが使えるお店で au WALLET を Apple Pay から電子マネーとして利用できるということになります。
いちよ分類としてはQUICPay+(クイックペイプラス)

プリペイドカードなので安心。チャージはカードで

QUICPayとはいえ au WALLET はプリペイドカードなので使いすぎもなく安心です。ただしチャージはiPhoneを用いての店舗でのレジ端末からは行えないので、ウォレットカードが必要になります。

au WALLET プリペイドカードのチャージはローソンでも実施可能なのでお忘れなく。

 プリペイドカードへのチャージ(入金)方法

設定方法

au WALLET プリペイドカードをApple Payに登録する方法もすごく簡単でした。 公式から動画でも紹介されているのでご覧ください。

まとめ

auユーザーでiPhoneユーザーなら本当に便利なので超おすすめしたいです。

何気にau WALLET プリペイドカードって持ち歩かないし、持ち歩いても使うときに「クレジットで」となってサインを求められたりして面倒だったりするんですよねぇ。その点、Apple Payの設定をすることでQUICPayとしてiPhoneからサクッと利用できるようになるのでメチャクチャ利便性が向上します。

というわけでauユーザーでiPhoneユーザーの方はぜひ設定されてみてはいかがでしょうか!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください