RLogin:画面分割や接続先のタブ管理もできるターミナルソフト

TeraTerm に飽きてきたというわけでないのですが、なんか目新しいターミナルソフトなどないかな? と思い調べてみたところ、 RLogin というソフトが画面分割できたりといろいろ便利そうでしたので使ってみることにしました。

せっかくなのでファーストインプレッションとして何が使ってみようと思うキッカケになったのかをご紹介したいと思います。

ちなみにこの RLogin は、1998年からある老舗のソフトだったんですね‥ 知らずに恥ずかしい。。。

接続先は保存して利用するタイプ

rlogin-firstimpression-1
TeraTermのように毎回簡易接続として利用するというよりも、接続先は保存して以後も利用するようなターミナルソフトになります。

接続先をタブで分けて保存できる

rlogin-firstimpression-2
保存した接続先はタブで分けて管理できますので、本番、開発といった感じで分けられるのがいいなぁと思いました。

自由に画面を縦横と分割できる

rlogin-firstimpression-3
画面を縦や横に自由に分割して表示することができます。
こうすることで、例えば左側のコンソールではコマンドを実行し、右側のコンソールではログを常時表示させるといったことが楽にできるようになりそうだなぁと思いましたね。

ちなみに背景色やフォントもそれぞれの接続設定毎に変更可能です。

しばらく使ってみる

というわけでインストールしてみたRLogin。
とりあえずしばらく使ってみて、使い勝手もよさそうであればそのままTeraTermの代替として利用してみたいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください