WordPress

  (最終更新日:2016.03.31)

【WordPress】Broken Link Checkerをアップデートしたら《Parse error》が表示されるようになった

スポンサーリンク

WordPressプラグインのBroken Link Checkerをアップデートしたところ、下記のようにエラーが表示されるようになりました。

Parse error: syntax error, unexpected T_STATIC, expecting T_STRING or T_VARIABLE or ‘$’ in /******/wp-content/plugins/broken-link-checker/includes/transactions-manager.php on line 35

この原因は、サーバ側のPHPのバージョンが 5.3 より古いバージョン(5.2等)を利用しているため、最新版のWordpressプラグインで利用されているプログラムが対応していないからのようです。

しかしこうなると、管理画面すら開けなくなるので完全にお手上げになるんですよねぇ。これがWordpressの面倒なところ。。。

そこで、解決方法として下記の2点をご紹介したいと思います。
他のプラグインをアップデートしたことでエラーが表示されるようになってしまった際の対処方法としても有効です。

方法1:PHPのバージョンを上げる

さくらインターネットのようなレンタルサーバーの場合、PHPのバージョンを即座に切り替えることが可能です。管理画面から、下記のように PHP 5.3 を選択することで今回の問題を解消することができます。
broken-link-checker-updateerror.png1

方法2:プラグインフォルダをサーバ上から削除

とりあえず暫定の対応としてもっとも簡単なのが、該当のプラグインフォルダをサーバ上から削除することです。

今回の場合は下記のフォルダを削除します。
ちなみに念の為にローカルに保存しておいた方がいいかもしれませんね。

/******/wp-content/plugins/broken-link-checker

削除したあとにWordpress管理画面のプラグイン画面にアクセスすると、「フォルダが見当たらないので削除しました」的なメッセージが表示され、自動的にプラグインが管理対象から削除されます。



以上の方法を試すことで、今回の問題を解決できるはずですよー。
ではでは。

関連記事

  1. WordPress

    さくらインターネットのレンタルサーバーで通信の圧縮(mod_deflate)を利用する方法

    さくらインターネットのレンタルサーバーで、ブログ(Wordpress等…

  2. WordPress

    【WordPress】Markdown記法で投稿を楽々入力する方法

    どうも。自分のノウハウはMarkdownを使って esa.io にガシ…

  3. WordPress

    【WordPressプラグイン】WordPress Visual Icon Fontsを入れるとアイ…

    いろいろなマークのアイコンって便利ですよね!ただ、いざWo…

  4. WordPress

    Can’t open file: ‘テーブル.MYI’という絶望…

    このようなブログなどを運用していると、ときどき技術的な問題にぶち当たる…

コメント

  1. すごく助かりました。ありがとうございます。
    FC2でFTPファイルマネージャの中からそのプラグインを削除しました。
    私の場合は特に問題なく、ダッシュボードにたどり着けました。

    • いつきぞら
    • 2016年 4月 04日

    参考になったようで良かったです!
    いきなり表示できなくなると焦りますよね‥。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. 気になるアイテム

    【クリンスイ タンブラー】オシャレで可愛い浄水機能付きのタンブラー。
  2. Chrome

    『Chrome ウェブストア』以外からのChrome拡張機能のインストールができ…
  3. Apple

    【悲報】Appleの初売りセールではショッピングローンの利用ができない
  4. オープンソース

    高機能すぎるオープンソースのドキュメント管理システム《Alfresco》で脱ファ…
  5. グリーンランド

    日本一アトラクションが多いテーマパークは熊本県荒尾市のグリーンランドでジェットコ…
PAGE TOP