Office

  (最終更新日:2017.05.10)

Excelでネットワーク共有フォルダを信頼できる場所に追加するとエラーが表示される時の対処方法

Excelでマクロ付きのファイルを開くと表示されるセキュリテイの警告をフォルダ単位で表示させないようにできる機能が《信頼できる場所》ですが。 ここでネットワークフォルダを指定すると《入力したパスは、セキュリテイ上の理由から、信頼できる場所として使用できません。別の場所または特定のフォルダを選択してください。》と表示されてしまいます。

その対応方法をメモ的にご紹介したいと思います。

理由と対処策

この原因、実はIP指定で登録するとエラーとして弾かれる為のようです。

というわけで hosts(C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts)に登録して名前解決するようにして名前で指定すれば解決できます。

設定の流れ

まずは hostsファイル(C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts)に下記のように名前を登録します。

172.17.100.10 oreserver

続いてExcelの「オプション」をクリック。

セキュリテイセンター」をクリック。

セキュリテイセンターの設定」をクリック。

信頼できる場所」をクリック。

プライベートネットワーク上にある信頼できる場所を許可する(推奨しません)」をチェック。

新しい場所の追加」をクリック。

パス」に対象となるネットワークフォルダを下記のように登録して「OK」で完了です。

これで登録したフォルダの中にあるファイルを開く時は『セキュリテイの警告』が表示されなくなります。

まとめ

まぁこれはこれでセキュリティ上問題ありだろ・・と思わなくもないですがしょうがないかなと。。。

以上、Excelの『信頼できる場所』でネットワークフォルダを使う方法でした!

ではでは。

関連記事

  1. Office

    Excelでセル内の値に基づいたバーをセルの背景として自動表示する方法

    Excelに、セルに入力された値から自動でセル内にバー(棒グラフのよう…

  2. Office

    Excel 2016で表の枠線(目盛線)を2クリックで消す方法

    Microsoft Office 365 に含まれている Excel …

  3. Office

    Excel 2016でセルの結合をショートカットキーで出来るようにする方法

    Excelの標準の機能では、セルの結合をショートカットキーで行うことが…

  4. Office

    【パワポ】SmartArtの縦方向プロセスで箇条マークを消す方法

    PowerPointのSmartArt「縦方向プロセス」で、説明文に表…

コメント

最近の記事

Twitter

  1. BGM・サウンド

    シンプルで簡単。雨の日のカフェの環境音を作るWebサイトならRainy Cafe…
  2. ブログの運営

    バリューコマースで登録したサイトを削除する方法
  3. iPhone

    セキュリティとかいろいろ気になったけど名刺管理アプリEightを入れてみた感想と…
  4. 子育て

    おむつかぶれをしっかり防ぐ為のたった3つのコツ
  5. ライフハック

    リンスの使い方、洗い方。大切なのは髪に練りこむ事
PAGE TOP