Slack APIのattachmentsで削除アイコンを消す方法

Slack API の attachments を利用してメッセージの装飾ができますが、下図のように削除アイコン(バツマーク)が表示されてしまうことがあります。

今回は、このattachmentsで表示される削除アイコンの消し方をご紹介したいと思います。

textを追加しない

このバツマークは、attachmentsとは別に本文としてtextを指定してメッセージを投稿しているときに表示されてしまいます。

例えば下記のような書き方。

"text" : "おはようございます:smile:\n本日のご予定をお知らせします。",
"attachments":[
{
  "color":"#1e90ff",
  "text" : list,
}
]

これだとバツマークが表示されるので、text を削除してかわりに pretext を利用します。

"attachments":[
{
  "pretext": "おはようございます:smile:\n本日のご予定をお知らせします。",
  "color":"#1e90ff",
  "text" : list,
}
]

これで削除アイコンが表示されなくなりました!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください