iPhoneアプリのGoogleフォトで《この日の思い出》を利用する方法

iPhoneアプリのGoogleフォトでも、過去の《その日》の写真を自動で表示してくれる、思い出機能が利用できるようになりました。

サクッと一年前、二年前といった昔の写真が表示されるので、撮った写真の楽しみ方も増えますし、特に子供の写真をたくさん撮る人には「うぉー。一年前とかこんな小さかったのかよ!」的にホッコリすることもできる、素敵な機能です。

表示されないんだけど…

で、いざ実際に使ってみようとGoogleフォトを起動してみたのですが、どこにもそんな機能が表示されていませんでした。設定にもない…。

どうやらこの機能、一斉に誰でも利用可能というわけじゃなく、徐々に利用できるようになっているようです。

しばらく待ってたら表示される

表示されないよーっという人は、しばらく待ってみてください。(数日)
利用できるようになると、アシスタント画面にこのように表示が出てくるはずです。

タップしてみると、ズラズラっと写真が表示されます。懐かしすぎワロタ。

ちなみに無事に表示されるようになると、設定の中にも項目で現れるようになります。
これでひと安心。

やっぱり写真は見てこそ存在の意味をもつものですからね!
こういう機能は本当に嬉しいなぁと感じます。

だからこそ《Wonder Photo Box》とかが欲しくなるんだよなぁ。。。

【Wonder Photo Box】富士フィルムが自動で写真を整理して顔認識もしてくれる機械を発表

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください