ベビーザらとベビージョルンのエプロンを使い比べてみたけどやっぱりベビージョルンで納得

1歳を過ぎて自分でスプーンを持って食べるようになった息子。
流石は我が息子!!とばりに、なかなかの上達っぷりで上手に食べるようになったのですが(親バカ)、そうはいいつつもまだまだ口元に運ぶ途中でボトボトと落としてしまうことも。

というわけでお食事用エプロン(あえて『よだれ掛け』とはいわぬ)を買おうと検討することに。

そこで、コンパクトになって持ち運びに便利と噂のベビーザらス・オリジナルのソフトエプロン(あえて『よだれ掛け』とはいわぬ)と。
2015-07-02_22h49_53
有名ドコロなベビージョルンのソフトスタイを使い比べてみました。お値段もそう高くないですし。
20150702_stai1
いろいろと長所短所はあるかと思いますが、結果として最終的には、子供の首が痛くない、飽きて遊び始めても大丈夫、洗って乾かしやすい、などなどの理由から、ベビージョルンのソフトスタイが使いやすいなぁと思ったところです。

デザインもシンプルだけど派手じゃないカラーで良い

2015-07-02_23h10_342015-07-02_23h12_162015-07-02_23h12_45
ベビージョルンのエプロンはカラーもワントーンでデザインは本当にシンプル。

ですが目立ち過ぎない、また派手でもないけれど地味でもなく、落ち着いたカラーばかりで周りにも見せたくなるデザインで気に入りました。

飽きてエプロンで遊び始めても大丈夫な点

食べ始めてしばらく経つと、さすがに子供も飽きてくるようで首にまとわりついているエプロンをいじり始めますよね。

そんなとき、柔らか超ソフトタイプなベビーザらス・オリジナルのエプロンでは、グチャグチャにもまれて、さらに口に入れられて、と散々な状態になってしまうことが多々‥。

その点、ベビージョルンのエプロンの場合は、ソフトタイプとはいえある程度の硬さがあるので、丸めたりして口に入れられることもなく、遊びに使われる心配がありませんでした。
20150702_stai2
こんな感じでしっかりしてます。

ネックストラップも柔らかくて首が痛くならない

首周りのネックストラップが、ベビージョルンのエプロンの場合はより細かく調整しやすいデザインになってますので、キツくもなく、ゆるくもなく、といった感じに簡単に調整できます。

また柔らかくて丸っとしたデザインですので首が擦れて痛くなるといったこともない感じ。
20150702_stai3

洗いやすく乾かしやすい、またフキンで拭きやすい

フニャフニャなベビーザらス・オリジナルのエプロンだと洗うのはまぁいいとしてなかなか乾かしにくかったのですが、ベビージョルンのエプロンの場合はそこそこの硬さもあるので、洗剤スポンジでもサッと簡単に洗えるのが気に入りました。
20150702_stai4
また同じ理由でフキンで拭きやすいので後片付けも超楽です。

まとめ 遅くエプロン始めるならベビージョルンほんとオススメ

というわけで、僕がベビージョルンのエプロンに決めた4本柱な理由を書いてみました。

もちろん人それぞれに好みは別れるところでしょうが、個人的な意見としてはベビージョルンのエプロンほんとオススメです!!! (特にわが家みたいに遅く、1歳過ぎてエプロン始める人とか)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください