【Logicool M570】CentOSのサーバでも使えたワイヤレス・トラックボール・マウスをようやく購入したった!

ロジクールのワイヤレス・トラックボール『Wireless Trackball M570』を購入しました。Amazonで2810円なり!(執筆時現在)

前々から所有マウスの劣化+場所が狭いなどで買い替えを検討していたマイ業務用マウスとしての利用です。ケーブルタイプはやっぱり狭いデスクの上では邪魔ナリヨ。(ケーブルのせいで置いてるのに微妙に動いたりもしますしね‥)

こちらのトラックボールマウス。以前、業務で使うラック搭載のサーバ(PRIMERGY RX100 S7)用に購入して使ってみたところ、CentOSでも普通に使えて便利だったので自分用にも欲しいなぁと思っていたのです。 KVMのマウス置き場って狭いですからね。トラックボールだと動かさなくていいので何かと便利。

既に利用している同僚に聞いたところ「帰宅時に電池を切って帰っている今の感じでは1年経っても電池交換の兆し無し」との事でしたので燃費も良さそう。

超コンパクトで複数機器との共有利用が売りの『Unifyingレシーバー』というのも決め手のひとつです。

というわけで購入したM570。今のところ業務PCでの利用としていますが、慣れたら自宅用にもう一個購入しようと思っていますです。

では!

  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする