2012年。この冬使える石油ストーブ(コンパクトモデル)人気3機種の比較まとめ。


先日石油ストーブの購入を考えてます! という記事を書きましたが、早速、どういう石油ストーブがあるのかなぁとホームセンターの人気機種を見て回りました。


で、結局はTOYOTOMI(トヨトミ)のRC-S28CB-B(2012年モデル)が一番いいかな、ということになり、こちらの方を注文しましたので、同じようなスペック品をいろいろと見てみた感想として各人気機種の違いをご紹介したいと思います。


尚、今回購入の検討をしたのは8畳~10畳対応のコンパクトモデルです。

トヨトミ 対流型石油ストーブ ホワイト RB-25C(W)

TOYOTOMI 対流型石油ストーブ 「コンクリート9畳~木造7畳」 【日本製】 ホワイト RB-25C(W)

まず検討したのはこちらの『TOYOTOMI 対流型石油ストーブ ホワイト RB-25C(W)』。
デザインはこれがいいんだよなぁ。この丸いタイプ。
ゆらゆらと揺れる火が七色に燃える感じに見えるらしく、インテリアとしてもイイ感じです。見た目も白でオシャレですし。本当にこれが買いたかった! Amazonでも圧倒的な人気の高さです。

TOYOTOMI 対流型石油ストーブ 「コンクリート9畳~木造7畳」 【日本製】 ホワイト RB-25C(W)


また大きさも思っていたよりもかなり小さいですので、部屋の邪魔にはならないと思います。個人的には他メーカーの8~10畳タイプ(コンパクトタイプ)と床面積は同じに(もしくはこっちの方が小さく)感じましたよ。


ただ、今回こちらを選べなかった理由として、周囲に熱を放出するので壁側に置くしかスペースの余裕があまりない我が家ではなかなか設置場所が限定されてしまうというのがありました。周囲360度にある程度のスペースの確保が必要かなと。
天板も小さめですので、何か上に載せたいときでも小さめのやかんや鍋程度しか乗せられそうにないのも注意が必要です。


また灯油の補給は、取り外し式の缶タンプではないので本体を持って外のポリタンクまで出るか、もしくはポリタンクを持ってきて直接注ぐかしかないのでそこが面倒ですね。

コロナ 石油ストーブ ダークグレー SX-E2912Y

コロナ(CORONA) 石油ストーブ 遠赤 (木造8畳まで/コンクリート10畳まで) SXシリーズ ダークグレー SX-E2912Y(HD)
つづいて検討したのがこちら。『コロナ 石油ストーブ ダークグレー SX-E2912Y(HD)』。
前面の網がオシャレ。黒い網でシックな感じが出ているので、他のシルバーシルバーな感じの金網とはまたひと味違う感じでした。一緒に見て回っていた母親はこちらをかなり気に入った感じ。年配の人にもウケがいい綺麗なデザインです。


また給油缶の給油口が直接手で触らずにワンプッシュで開閉できるタイプなので、これもまた良さそう。 給油口の蓋をあけるときに手に灯油が着くとなかなか匂いが取れないですよね。


ホームセンターの中ではこちらの商品が一番人気のようでした。

トヨトミ 反射式石油ストーブ RC-S28C

というわけで最終的に1時間ほど悩んで購入したのがこちら『TOYOTOMI (トヨトミ) 反射式石油ストーブ RC-S28CB』です。
安心のトヨトミ製! 色はブラック。
火の調整ダイヤルがシルバーなのもワンポイントでイイ感じです。他の同レベル機と比べると火の調整もしやすそうでした。


また他メーカーの同モデルに比べて、天板を上から覗いても下の燃焼部分が見えにくいデザインだったのも決め手の一つです。ススなどが発生しても上に上がりにくいかなぁ とかいう期待も。


今回は残念ながらAmazonに在庫がなかったので、激安ショップとして有名なタンタンで注文させて頂きました。(価格コム経由)
購入時価格で14,849円です。ホームセンターより4000円前後安くて送料無料なのは本当に助かるなぁ。
土曜日の夜に注文して、日曜日に確認メールが到着、月曜日には翌日発送の連絡がありました。初めての利用でしたがレスポンスが早いと安心感がありますよね。



というわけでご紹介した石油ストーブの数々。
ファンヒーターよりも静かですので、穏やかな冬の夜を過ごせそうな感じです。


ではまた。


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする