Slack

  (最終更新日:2018.07.6)

Slack APIのattachmentsで削除アイコンを消す方法

スポンサーリンク

Slack API の attachments を利用してメッセージの装飾ができますが、下図のように削除アイコン(バツマーク)が表示されてしまうことがあります。

今回は、このattachmentsで表示される削除アイコンの消し方をご紹介したいと思います。

textを追加しない

このバツマークは、attachmentsとは別に本文としてtextを指定してメッセージを投稿しているときに表示されてしまいます。

例えば下記のような書き方。

"text" : "おはようございます:smile:\n本日のご予定をお知らせします。",
"attachments":[
{
  "color":"#1e90ff",
  "text" : list,
}
]

これだとバツマークが表示されるので、text を削除してかわりに pretext を利用します。

"attachments":[
{
  "pretext": "おはようございます:smile:\n本日のご予定をお知らせします。",
  "color":"#1e90ff",
  "text" : list,
}
]

これで削除アイコンが表示されなくなりました!

ではでは。

関連記事

  1. Slack

    Slack:作成済みのWebHook URLを管理・変更する方法

    Slackで、作成したWebhook URLの設定内容、例えばアイコン…

  2. Slack

    【Slack】サイドバーメニューの背景色を変更する方法

    Slackのサイドバーの背景色が紫でなんだか落ち着かないな・・…

  3. Slack

    【IFTTT】会社を出たらSlackに自動投稿するレシピの作り方

    またもやSlackネタです。Slackネタを上げまくってるのに周囲…

  4. Slack

    【Slack】チャンネルを削除する方法

    Slackで、作成したチャンネルを削除する方法がよくわからなか…

  5. Slack

    SlackとTrello Alertsの連携の設定を変更する方法

    Trelloでカードの変更があった際にSlackに自動投稿するような連…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. ネタ

    チャットワークの年賀ページが物語風で楽しい
  2. GoogleAdsense

    【Chrome拡張機能】AdSenseの状況を手軽にチェックできるGoogle …
  3. 未分類

    腰を痛めない正しいスクワットのやり方で下半身を鍛える方法
  4. ライフハック

    ピンク色に変色してしまったよだれかけやガーゼをお湯で綺麗にする方法
  5. デジタル機器

    高速WiFiを可能にした新無線LAN規格11acが遂に解禁!対応製品がどんどん発…
PAGE TOP