WordPress

  (最終更新日:2017.04.28)

WordPressテーマのMAGで最終更新日を表示する方法

このブログのテーマでも利用しているWordPressテーマのMAG(TCD)ではデフォルトだと個別記事のページで下図のように投稿日のみが表示されることになります。

これだと更新してときどきメンテナンスしているときにそれを知らせられないですよね‥。
そこでちょいとテーマのカスタムをすることで下図のように最終更新日を表示することもできるので、その方法をご紹介してみたいと思います。

ちなみに方法としてテーマの single.php を修正する必要がありますので、十分に注意しながら修正してください。事前に変更前の内容をコピペしてローカルに保存しておくなどのバックアップをお忘れなく。

single.phpを修正する

ダッシュボードの外観メニューから《テーマの編集》をクリック。

対象となる《個別投稿(single.php)》をクリック。ちなみに僕は子テーマを作成していますので編集するテーマが《mag-child》となっていますが、子テーマを利用していない場合は《MAG》を選択してください。

表示される内容から下記のコードの箇所を修正します。2017年4月27日現在のバージョンで19行目付近です。

<?php if ($options['show_date']){ ?><p class="date"><time class="entry-date updated" datetime="<?php the_modified_time('c'); ?>"><?php the_time('Y.m.j'); ?></time></p><?php }; ?>

現在の投稿の最終更新日が存在していた場合にのみ最終更新日を表示するように、下記のコードへ置き換えてください。「最終更新日」と表示されるのが嫌でしたらそこら辺はご自由に修正を。。。

<?php if ($options['show_date']){ ?>
<p class="date"><time class="entry-date updated" datetime="<?php the_modified_time('c'); ?>"><?php the_time('Y.m.j'); ?></time>
<?php if (get_the_modified_date('') != get_the_time('')) : ?>
  (最終更新日:<?php the_modified_date('Y.m.j') ?>)
<?php endif; ?>
</p><?php }; ?>

これで完了。投稿日の横に最終更新日が表示されるようになったはずです。

WordPressテーマのMAGで最終更新日を記事のページに表示したいな、と思われている方はぜひ試してみてください。

ではでは。

関連記事

  1. WordPress

    WordPressのテーマをSimplicity 1から2にバージョンアップしたお話し

    このスキコミでも便利に使わせてもらっているWordPressテ…

  2. WordPress

    さくらインターネットのレンタルサーバーで通信の圧縮(mod_deflate)を利用する方法

    さくらインターネットのレンタルサーバーで、ブログ(Wordpress等…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. 赤ちゃん向けアイテム

    遂に赤ちゃんの泣き声の意味を判読可能なアプリが登場へ‥。(海外)
  2. Googleカレンダー

    Googleカレンダーで各カレンダーのカレンダーIDを知る方法
  3. comm

    comm早くもサービス終了へ? DeNAがcomm体制を大幅縮小しているらしい
  4. LINE

    【ニュース読み】LINE中国版では自動での通信検閲を実施してNGワードが送れない…
  5. LINE

    僕がLINE Playで遊ぶのを止めてポケコロに移った、たった一つの理由
PAGE TOP