ソフトウェア

  (最終更新日:2017.04.24)

やっぱりなんやかんやいってWindows 10の最強ランチャーはLaunchyだった

Windows 7 から Windows 10 64bit にパソコンを入れ替えた @itukizora です。
いちよ MacbookPro 2016モデルも利用していますが、Windowsとの二刀流。

Windows 7時代はランチャーソフトとして日本語表記も対応している Launchy というソフトを利用していました。ただせっかくWindows 10になったのでいろいろ他のも試してみようかとCLaunchなどを試してみましたが、やっぱり最終的には Launchy が最強だったなということで戻ってきました。
あくまで個人的主観ですが。

だいぶ以前にも紹介したことがあるのですが、また改めてご紹介したいと思います。


キーボードを多用する人には便利

とにかくマウス操作は極力控え、キーボードのみでの操作が良い! という僕みたいな人には、CLaunch よりもやはり Lanchy がいいんじゃないかなと思います。

ALTキー+スペースキーでランチャーが起動できますし。あとはここからスタートメニューに登録されているソフトや、自分で指定したフォルダ配下にある指定条件のファイル(例えば *.exe ファイル等)を部分検索で指定して起動するだけです。うろ覚えでも起動できるのでほんと便利。

特にいろいろな種類のソフトを入れ替わり立ち代りで起動する機会がある業務利用の人にはおすすめですね。

起動対象のファイルは好きに指定できる

ランチャーの起動対象となるファイル等は、カタログから自由に設定できます。

僕はChromeのショートカットを専用のフォルダに入れてますので、そこのショートカットをカタログに登録するだけでWEBのサービス(例えばGoogleカレンダーやesaなどなど)をまるでデスクトップアプリのように利用できます。
これが便利で助かるんです。(ランチャーとはあまり関係ありませんが‥)

まとめ

確かに、 Claunch などはフォルダなども簡単に登録できて自分好みのタイルを作成することができるので、それはそれで便利だなと思います。

ただキーボードをメインで利用していて、かつサクサクといろいろなソフトを立ち上げたりを繰り返すような人には Launchy が一番じゃないのかな、というのが個人的なおすすめレベルといったところです。

 Launchy公式サイト https://www.launchy.net/

関連記事

  1. ソフトウェア

    Visual Studio Codeに簡単に配色テーマを追加する方法

    Visual Studio Code にサクッと簡単に配色テーマを追加…

  2. ソフトウェア

    RLogin:画面分割や接続先のタブ管理もできるターミナルソフト

    TeraTerm に飽きてきたというわけでないのですが、なんか目新しい…

  3. ソフトウェア

    DiskInfo 3で正確に使用サイズが表示されない時の解決策

    各フォルダーの利用状況(使用済みサイズ)をグラフィカルに表示してくれる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. Tips

    インストールがError reading setup initializatio…
  2. インターネットライフハック

    紀伊國屋書店の店舗在庫をネットで調べる方法
  3. WordPress

    さくらインターネットのレンタルサーバーで通信の圧縮(mod_deflate)を利…
  4. ビデオオンデマンド

    BBIQビデオ with U-NEXTを解約する手順
  5. 気になるアイテム

    【玩具】今度はバンダイナムコグループから!子供向けのAndroidタブレット「t…
PAGE TOP