Amazon Fire TV Stickを買ってみたので開梱。Netflixの視聴も楽々完了でした



Amazonの年に一度の冬のビッグセールで、Amazon Fire TV Stickが割引されていたので勢いで買っちゃいました。

もともと我が家にはApple TVの初代君がいるのですが、購入からの経年劣化で非常に動作もモッサリとしてきたり動作が不安定になってきたこともあり、さぁどうすっかな‥と思っていたところでしたのである意味ナイスタイミングだったかなと。

Apple TVではNetflixの視聴しか利用していませんでしたので、今回購入した Fire TV Stick でもNetflixアプリが公開されていたり、また加入しているAmazonプライムのビデオも閲覧できるなど、入れ替えによるメリットはかなりよかったです。

なにより機械が新しくなり、非常にサクサクとメニューなども動作するのがかなり嬉しい。。。 こういうのって何気にストレスになりますからね。

早速開梱してみた。中身などなど

裏箱で知ったのですが、Amazon Fire TV StickはデュアルコアのCPUを搭載しているんですね。知らなかった‥。 パソコンを購入するのであれば慎重に調べますが、今回は「まぁ安くなってるし買うかな」的なキッカケでしたのでそこはスルーでした。

箱を開けるとパカーン!!と本体のご登場。気持ち高ぶる…。

同梱物はこのような感じ。

本体、電源関連、電池、HDMI延長ケーブルですね。

HDMI延長ケーブルも同梱されているのでとりあえず追加で購入する必要はありません。 また電池もAmazonベーシックの乾電池が付いてました。

電源ONから初期セットアップ

テレビに装着して電源を入れると、早速セットアップが始まります。

Wi-Fiの設定やAmazonアカウントの入力など、ちょっとした一手間が終われば最後にAmazon Fire TV Stickの使いかたムービーが流れるので、それの視聴終了を待てばセットアップも完了です。 電源オンから完了まで全部で10分程度でしょうか。

Amazon Fire TV StickでNetflixを見る

早速Netflixのアプリをインストールしてみました。アプリメニューから追加できます。

Netflix見れたぁぁぁぁぁぁ!!!!

これにて開梱から初期セットアップ、そしてNetflixのインストールまでひとまず完了です。

まとめと感想

今回、Amazon Fire TV Stickを購入して感じたのは、とてもサクサク動いて使いやすい という点です。 初代のApple TVに比べるとサクサクと動作しますし、文字入力も早い。

若干。メニュー画面のインタフェースがゴチャゴチャしているような感もありますが、これは慣れですかね‥。

Netflixのような動画配信サービスを契約している人であればメチャクチャおすすめですし、またAmazonのプライム会員であればプライムビデオも観放題なので持っているとものすごく役に立ちますよ。

むしろ今までなんで買わなかったかな… と過去の不便さを後悔してしまいました。

ではでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする