【LINE】友だちの非表示とブロックの違い。戻し方も

line-image

みんな消えちゃえー! なんてどくさいスイッチを押すのび太の如くというわけではありませんが、「あ、この人って何気に疎遠だし連絡取ることもないから一覧から消すか」と、LINEを使いながら思うことってよくありますよね。

dokusaiswitch

自分もどうでもいい人に分類されて消されることが多いので切ないですけどね♪・・・・。

とまぁ。そんな《友だち》を一覧から消す方法として、《非表示》にする選択と《ブロック》という選択があるのはご存知ですか?

そこで今回は、この選択の簡単な違いと、また非表示にしてしまった後に元に戻したい(再表示したい)場合の方法をご紹介したいと思います。

非表示とブロックの違い

友だち一覧に表示されているアカウントを左にスワイプすると《非表示》と《ブロック》が表示されます。

この非表示とブロックの違いとはなんぞや? というと、主に下記のような状態が上げられます。

  • 非表示にすると一覧から消えるけど相手からトークで話しかけられると通知されるし表示される。
  • ブロックにすると一覧から消えてさらに相手から話しかけられてもトークに表示されないし更新されない。
  • 非表示もブロックもどちらも相手にはその操作は通知されない。だからバレない。

つまるところ、非表示は自分の一覧から消えるだけで今までどおり相手からのトークや自分からのトークはトーク一覧から利用できる。だけどブロックの場合はトークすら受信しなくなるよ。というわけです。

なので、例えば自分から話しかけることはまず無いけど、相手から話しかけることはときどきあるので無視するわけには行かない、という時は非表示を利用しましょう。

んでこの人からのトークは別に無視していいし見たくもないや、という時はブロックを利用すればOKです。
ブロック!ブロック!

非表示を取り消して再表示する方法

いざ非表示で一覧から消したのはいいけれど、あ、やっぱり一覧に出しときたいな‥なんて思うこともあるのが世の流れ。

そんなときは、設定から非表示を取り消して一覧に再表示することができるようになります。

まずは《設定》をタップ。

続いて《友だち》をタップ。

《非表示リスト》をタップ。

ここに非表示にしているちょっと可哀そうな友だちの一覧が表示されます。 後は、戻したい友だちの《編集》から戻すことも、そして完全に葬る《ブロック》もできますのでどうぞご自由に。。。

これで友だち関係も復活です!(ちょっと意味違う)

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする