【熊本地震】 Yahoo!Japanが熊本市のHP負荷対策に協力していた

あ。これ全然知らなかった。

先の平成28年熊本地震におけるインフラ復旧やもろもろの最新の情報を入手するために多くの人たちが熊本市のホームページをたびたび閲覧していましたが、その結果、熊本市のホームページがたびたび見難くなることがあっていました。

そういった事象を踏まえ、その対策としてYahoo!Japan(ヤフー株式会社)の協力で熊本市(及び熊本市上下水道局)のホームページのキャッシュサイトが作成されていたようです。

earthquake_20160503_yahoo_01

これってすごくありがたいですよね。

やっぱりこのご時世、被災時に最新の情報を入手したいと思う気持ちを僕自身も十分に味わいました。

ですが噂が噂を呼び、いろいろな情報が氾濫してなかなか《確かな情報》を入手出来ず。 そのような状況で、《確かな情報》の入手先として最も信頼できてかつ早いのは市や県のホームページだというのを改めて実感していたところです。(ややデザイン的やユーザビリティ的に見にくかったりとかはありますが‥)

そんな市のホームページが、アクセス負荷で見難くなるほどイライラすることは無かったですよ。ホント。。。

そういったことを考えると。こうやってその道に長けた企業がサポートしてくれるのはありがたいものだなぁと思っています。
ありがたやありがたや。

そんなYahoo!Japanでは、熊本地震に関する多くの募金活動の情報も掲載されているようです。 いろいろな募金活動が溢れて、どこに募金したらいいのか、といったことが分かりにくいところですので、こういうサイトも助かりますよね。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする