【使ってみた】おくだけとおせんぼ。壁に傷がつかなくてサッと移動もしやすい

イケメンを通り越した域のイクメンパパの@itukizoraです。こんにちは。
何いってんのこいつって思わないでください。

さて我が家の息子も、早いことで0歳8ヶ月を過ぎました。
本当に早い…。

寝返りがやっとだったあの頃はいずこへ、今ではズリバイからの超高速移動能力を手に入れ、あっちへこっちへと家の中を大移動しまくっています。 おかげでママは大忙し。 遠征の結果、遠い部屋で寂しくなって泣き叫んでいる息子を回収にいく日々です。

20141119_001

そんなわけで、あまり遠くの部屋や、危険がいっぱいな台所などへ移動できないようにするために、多くの人も購入している赤ちゃん用ゲート(ベビーゲート)を購入することにしました。

いろいろと比べて検討した結果、我が家は日本育児の『おくだけ とおせんぼ』という商品を購入。 決め手は「壁が傷つかないのと設置しやすい」という点です。

よくあるゲート式の赤ちゃん用ゲートだと、突っ張り棒形式で壁に突っ張っているときに子供が力づくで動かすと壁紙が傷ついたり剥がれたりしてしまった、という口コミをよく見かけます。

それに対してこの「おくだけとおせんぼ」だと、床で支える突っ張る形式ではない icon-arrow-down ので壁が傷つきにくくなります。

裏側はこんな感じです。 よくあるゲートタイプではないので、跨いで超えることができない子供が、自分で開けて出て行くなんてこともありません。 そこもこのアイテムのポイント。

え・・床で支えるとかそんなんで大丈夫? なんて僕も思ってましたが結構な重さがあり、ちょっとやそっとじゃ倒れたりしません。

実際に使ってる風景はこのような感じ。 段差を利用して設置すれば更に安定感があります。というかこれだと完全に押し倒されることはありません。

ただ注意しておきたいのは、かなりの重さということもあり、そのまま利用すると、底板の裏側についているスパイク状な突起で床に傷がついてしまうことがあることです。 なので我が家では安く売ってあるマットをひいて傷を防止しています。 これ超おすすめ。

というわけで購入した『おくだけ とおせんぼ』、かなり良い感じになっています。
メッシュになっているので子供も向こう側の景色が見えてさらにテンション高めになりますよ。(行けなくて憤慨しますが)

ただ、せっかくワクワク感を持って我慢してくれるので、ときどきは通してあげて、一緒にゲートの向こう側の世界も遊ばせてあげてくださいね!

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする