【WinCDEmu】WindowsServerでも使える、ワンクリックでISOファイルをマウントしてドライブ化してくれる便利ソフト

無料でインストールもシンプル、かつWindows Server 2008 R2でも使えるISOイメージマウントソフトが「WinCDEmu」です。

インストールするとISO/CUE/BIN/RAW/IMG形式のCD/DVDイメージファイルが自動的に関連付けされるので、イメージファイルをダブルクリックするだけで仮想CD/DVDドライブにマウントすることができます。インストールさえしてしまえばソフトを意識することなく自然に利用できるので本当に便利です。使い方のイメージをご紹介しますよー!

マウント化させたいCD/DVDイメージファイルをダブルクリックします。

マウントするドライブ名を選択して「OK」をクリック。基本的に初期設定のままで問題ないです。

するとあら便利。『コンピュータ』のデバイスの中に先ほどマウントしたCD/DVDイメージがディスク・ドライブとして表示されています。

あとはいつものDVDやCDを利用するように使うだけなので超便利ですよね。

ちなみにPCを再起動すると自動的にアンマウントされますし、手動でアンマウントしたい場合は「取り出し」を実行するだけでアンマウントされます。

というわけで、Windows 7だけでなくWindows Server 2008といった完了でもサクッとインストールして利用できるCD/DVDイメージのマウントソフトWinCDEmuのご紹介でした!

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする