次世代XboxとなるXbox Oneが発表されたのでPS4とスペックを比較してみた

どうなんでしょね。まぁスペックがモノを言うわけではないので一概にはそう言えないでしょうが、個人的には能力ではPlayStation 4の方が高性能の気がする。。。(特にGPUメモリあたり)

本日未明(日本時間5月22日 AM2時)に開催されたXbox Revealイベントにて、次世代型のXboxとなる【Xbox One】が発表されました。
現在のところ下位互換は実現していないとのこと。 また標準で新しいKinectが同梱され、声やジェスチャーでの操作が可能となるようですよ。(詳しくは後述)

というわけでPlayStation 4とXbox oneとのスペックなどを現在公表されている範囲で超簡単に比較してみました。ぱっと見ほとんど同じです。ほんと。

項目 Xbox One PlayStation 4
CPU Jaguar4コア×2CPU 1.6GHz Jaguar8コアカスタムCPU 2.0GHz
GPU DX11.1 API対応、4K出力対応 AMD Radeon GCNカスタム
メモリ DDR3 8GB メモリ帯域68GB/s GDDR5 8GB メモリ帯域176GB/s
HDD 500GB 未発表
メディアデバイス BDドライブ BDドライブ
搭載無線LAN 802.11 a/b/g/n 802.11 b/g/n
下位互換 無し 一部有り(ディスク互換は無し)

メモリでいくとPS4の方がDDR5となっているので多少良いのかな、と。またGPUもAMDのカスタムにこだわっているあたり期待できそうですよね。

ただしXbox oneも負けておらず、今回同梱される新型Kinectでは6人までの同時認識可能や、なんと体のバランス、心拍数、手首の角度といった超微細な動きも認識できるようになるそうです。すげぇええええ!!!

このKinectだけを考えると即買したくなるレベルですが、テレビ機能や番組配信機能など、ゲーム以外の機能が充実しているのがなぁ・・・。こういう海外のサービスは、大抵日本では提供外だったりになってしまいますからね。毎度。そこらへんがちょっと心配といったところでしょうか。

ん~。ここは早くPS4の詳細スペックと価格が発表されて欲しいところです!!!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする