LINE

  (最終更新日:2014.09.4)

【ニュース読み】LINE中国版では自動での通信検閲を実施してNGワードが送れない

郷に入っては郷に従えということでしょうかね。

朝日新聞デジタルの記事によると、LINE中国版では通信内容の自動検閲を行なっており、禁止ワードを含むトークの送信ができない仕組みになっていることが判明したそうですよ。

日本発のスマートフォン向け無料メール・通話アプリ「LINE(ライン)」の中国版が、利用者の通信内容をアプリ上で自動的に検閲していることがわかった。政治的に敏感とされる言葉を使うと「メッセージに禁止語が含まれている」と表示され、送信できなくなる。(朝日新聞デジタル)

元々中国には金盾(グレート・ファイアウォール)という検閲システムがあるというのは有名な話ですので、まぁそういうこともあるだろうなぁとは思っていましたが‥。

関連記事

  1. LINE

    クリスマスデザインな期間限定のLINE プリペイドカードが登場。3,000円。

    クリスマスデザインとなっている期間限定の LINEプリペイドカ…

  2. LINE

    LINEのWindows PC版がアップデート。使える絵文字が拡大

    Windows向けPC版のLINEが本日(2015/07/10)アップ…

  3. LINE

    LINEで遂にビデオ通話機能が来春リリース!

    もはやメールに変わるコミュニケーションツールとして確固たる地位を確…

  4. LINE

    LINEのアカウントをメールで教える一番スマートな方法

    メールアドレスは知ってるんだけどLINEのアカウントは知らない…

  5. LINE

    LINEがアップデートでiOSの通知ウィジェットに対応。さらに使いやすくなった

    iOS版LINEがバージョンアップし、新しくiOSの通知ウィジ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. 家電

    自宅のエアコンを戸外からスマホ操作できるようになるNature Remoが日本で…
  2. iPhone TIps

    iPhone通信量の節約:Wi-Fiアシストはオフにしておいた方が良いかも
  3. ネタ

    二本足で立っている猫の写真がどう見ても猫の恩返しのあの人(猫)な件
  4. iPhone

    【SoundHound】歌詞を忘れても鼻歌で曲名を検索してくれる無料のiOSアプ…
  5. WordPress

    【WordPress有料テーマ比較】MAGとアルバトロスの決定的な違い
PAGE TOP