LINE

  (最終更新日:2014.09.4)

【ニュース読み】LINE中国版では自動での通信検閲を実施してNGワードが送れない

スポンサーリンク

郷に入っては郷に従えということでしょうかね。

朝日新聞デジタルの記事によると、LINE中国版では通信内容の自動検閲を行なっており、禁止ワードを含むトークの送信ができない仕組みになっていることが判明したそうですよ。

日本発のスマートフォン向け無料メール・通話アプリ「LINE(ライン)」の中国版が、利用者の通信内容をアプリ上で自動的に検閲していることがわかった。政治的に敏感とされる言葉を使うと「メッセージに禁止語が含まれている」と表示され、送信できなくなる。(朝日新聞デジタル)

元々中国には金盾(グレート・ファイアウォール)という検閲システムがあるというのは有名な話ですので、まぁそういうこともあるだろうなぁとは思っていましたが‥。

関連記事

  1. LINE

    【LINE】トーク名が「メンバーがいません」になったときにできる対処方法

    LINEのトークが「メンバーがいません」になってしまって「なんぞこれ?…

  2. LINE

    LINE Playのダイアリー機能が楽しすぎる!フレンドじゃない人とも気軽に交流できるようになった

    さて、「遊ぶことが少なくて不満」とぶちまけてしばらく身を引いていたLI…

  3. LINE

    LINEの新スタンプが追加。ムーンのダイエット奮闘姿があるけどタイムリーなネタ過ぎて買えない‥

    LINEに新スタンプが追加されていました!追加されたのは以下の…

  4. LINE

    【LINE】友だちのアイコンに表示される赤い点の意味

    LINEの友だち一覧で、友だちのアイコン写真の右上にたまに赤い点が表示…

  5. LINE

    LINEの既読に表示されている時間は相手が読んだ時間じゃなくて自分が送った時間

    「そんな事知ってるよ」という方は華麗にスルーでお願いします。…

  6. LINE

    【iPhone】アイコンのバッチに表示されているLINEの未読数が消えない時

    iPhoneのお話ですが。LINEのアプリ上では未読数がゼロな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. au

    auでクレカの登録をしようとしたら「ご利用を停止させていただいております。」と表…
  2. LINE

    LINEで遂にビデオ通話機能が来春リリース!
  3. iPhoneグッズ

    2,700円でコスパ最強なクリスタルアーマーの強化ガラス保護フィルムを再購入した…
  4. ヘルスケア

    コスパ最強!ニトリの肩たたきマッサージャー(\5,220)が思った以上に気持ちが…
  5. CM

    東芝LEDの新作CM「LED 10years live」がガチで泣けてやばいと話…
PAGE TOP