LINE

  (最終更新日:2014.09.4)

【ニュース読み】LINE中国版では自動での通信検閲を実施してNGワードが送れない

郷に入っては郷に従えということでしょうかね。

朝日新聞デジタルの記事によると、LINE中国版では通信内容の自動検閲を行なっており、禁止ワードを含むトークの送信ができない仕組みになっていることが判明したそうですよ。

日本発のスマートフォン向け無料メール・通話アプリ「LINE(ライン)」の中国版が、利用者の通信内容をアプリ上で自動的に検閲していることがわかった。政治的に敏感とされる言葉を使うと「メッセージに禁止語が含まれている」と表示され、送信できなくなる。(朝日新聞デジタル)

元々中国には金盾(グレート・ファイアウォール)という検閲システムがあるというのは有名な話ですので、まぁそういうこともあるだろうなぁとは思っていましたが‥。

関連記事

  1. LINE

    LINEが1億人ユーザー突破カウントダウンサイトをオープン

    LINEのユーザーがもう少しで1億人を突破しそうな感じですね!…

  2. LINE

    LINE PLAY2.0が遂にiPhoneにも登場!

    待ちに待ったLINE PLAY 2.0がようやくiOSにもや…

  3. LINE

    LINEで遂にビデオ通話機能が来春リリース!

    もはやメールに変わるコミュニケーションツールとして確固たる地位を確…

  4. LINE

    LINEユーザーで18歳未満の場合はID検索ができなくなる。まずはau Androidユーザーから

    LINE公式ブログの発表では、LINEを利用している18歳未満のa…

  5. LINE

    【iPhone】アイコンのバッチに表示されているLINEの未読数が消えない時

    iPhoneのお話ですが。LINEのアプリ上では未読数がゼロな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. ニュース

    今シーズン(2012年冬)のハウステンボスのイルミネーションは世界一!日本一じゃ…
  2. 健康機器・器具

    【これが欲しかった!!】スマホと連動して胎児の心音を確認できる製品《SKEEPE…
  3. テレビ番組

    信じられるかい?あのドラマ「やまとなでしこ」から16年が経ったんだぜ?
  4. Dr.Wallet

    【iPhone】話題の家計簿アプリDr.Walletに乗り換えたら神アプだった
  5. 気になるアイテム

    【玩具】今度はバンダイナムコグループから!子供向けのAndroidタブレット「t…
PAGE TOP