LINE

  (最終更新日:2014.09.4)

【ニュース読み】LINE中国版では自動での通信検閲を実施してNGワードが送れない

スポンサーリンク

郷に入っては郷に従えということでしょうかね。

朝日新聞デジタルの記事によると、LINE中国版では通信内容の自動検閲を行なっており、禁止ワードを含むトークの送信ができない仕組みになっていることが判明したそうですよ。

日本発のスマートフォン向け無料メール・通話アプリ「LINE(ライン)」の中国版が、利用者の通信内容をアプリ上で自動的に検閲していることがわかった。政治的に敏感とされる言葉を使うと「メッセージに禁止語が含まれている」と表示され、送信できなくなる。(朝日新聞デジタル)

元々中国には金盾(グレート・ファイアウォール)という検閲システムがあるというのは有名な話ですので、まぁそういうこともあるだろうなぁとは思っていましたが‥。

関連記事

  1. LINE

    LINEのWindows PC版がアップデート。使える絵文字が拡大

    Windows向けPC版のLINEが本日(2015/07/10)アップ…

  2. LINE

    遂に来た!! プロキシ環境下のパソコンでLINEを利用する方法

    なるほど!こう来たか…。なかなかデスクトップ版LINEのプロキ…

  3. LINE

    友達のLINEアカウントを別の友達に教える方法

    友達から「AさんのLINEアカウントを教えてくれないかな?」なんて…

  4. LINE

    LINEのアカウントをメールで教える一番スマートな方法

    メールアドレスは知ってるんだけどLINEのアカウントは知らない、そんな…

  5. LINE

    LINE Playで室内を高速移動する方法

    LINE Playで室内を移動する時、端から端へ移動するのが面倒だ…

  6. LINE

    LINEの既読に表示されている時間は相手が読んだ時間じゃなくて自分が送った時間

    「そんな事知ってるよ」という方は華麗にスルーでお願いします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. 家電

    値段高!!!けど新築するなら付けてみたい。家庭向けの天井埋め込み型Bluetoo…
  2. iPhone連携アイテム

    Bluetooth接続でiPhoneと楽々連携できるタニタの体組成計「インナース…
  3. おすすめアイテム

    シュッとひと吹きで普通のマスクをパワーアップしてくれる「アレルシャット」
  4. iPhone TIps

    ホームボタンからほぼ確実にApple Payを上手に起動する方法
  5. Evernote

    今朝からEvernoteの同期が失敗するのはEvernoteが攻撃を受けて全アカ…
PAGE TOP