LINE

  (最終更新日:2014.09.4)

【ニュース読み】LINE中国版では自動での通信検閲を実施してNGワードが送れない

郷に入っては郷に従えということでしょうかね。

朝日新聞デジタルの記事によると、LINE中国版では通信内容の自動検閲を行なっており、禁止ワードを含むトークの送信ができない仕組みになっていることが判明したそうですよ。

日本発のスマートフォン向け無料メール・通話アプリ「LINE(ライン)」の中国版が、利用者の通信内容をアプリ上で自動的に検閲していることがわかった。政治的に敏感とされる言葉を使うと「メッセージに禁止語が含まれている」と表示され、送信できなくなる。(朝日新聞デジタル)

元々中国には金盾(グレート・ファイアウォール)という検閲システムがあるというのは有名な話ですので、まぁそういうこともあるだろうなぁとは思っていましたが‥。

関連記事

  1. LINE

    LINE Playのダイアリー機能が楽しすぎる!フレンドじゃない人とも気軽に交流できるようになった

    さて、「遊ぶことが少なくて不満」とぶちまけてしばらく身を引いていたLI…

  2. LINE

    LINEサポーターズで登録した個人情報を変更する方法

    LINEサポーターズで回答するために家族構成、住所といった個人…

  3. LINE

    PC版LINEで有効期限切れのスタンプが表示から消えないときの対処方法

    PC版のLINEで、なぜか有効期限が切れたスタンプが表示され続けて消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. iPhone

    カオコレ:可愛い顔文字満載なコレクションアプリ。お気に入りの顔文字は簡単にブック…
  2. オープンソース

    高機能すぎるオープンソースのドキュメント管理システム《Alfresco》で脱ファ…
  3. ChatWork

    検索が使いたくてチャットワークの有料プランに申し込んでみました
  4. Trello

    タスク管理ツールTrelloをカレンダー表示にする方法
  5. アクセス解析

    【Googleアナリティクス】特定の記事のアクセス数推移を確認する方法
PAGE TOP