バッファローが大容量高速無線LAN規格「11ac」に対応した製品『WZR-1750DHP』を発売予定。国内初

バッファローが大容量かつ高速な無線LANを実現する新規格『11ac』に対応した国内初(2013年3月1日現在)の製品『WZR-1750DHP』を発売します。価格は近日発表となっています。
改正電波法関連規則の告示後に発表されるそうです。

Wi-Fiの新規格「11ac」とは米国電気電子学会(IEEE)にて策定が進められている高速化のための新技術で、次世代高速無線LAN規格として正式採用される見込みです。

バッファロー 「11ac」の基本概念
「11ac」とは、米国電気電子学会(IEEE)にて策定が進められている高速化のための新技術で、 次世代高速無線LAN規格「IEEE802.11ac」として正式採用される見込みです。「帯域幅拡大」「変調信号の多値化」「MIMO方式の拡張」により、 従来規格の11nと比べ、約11.5倍(規格値)の高速化を実現。デジタル家電から防犯装置、自動車など、複数の機器同士を同時に、 スムーズに無線でつなぐことができます。

理論値レベルでいくと今までの高速規格11n(600Mbps)の約11.5倍(規格値)だそうで、驚きの6.9Gbpsという目ン玉も飛び出す高速通信です。
我が家は11bなので11Mbps… 遅すぎる。。。

より多くの機器が高速で通信できるようになることで、無線LANを利用した生活がもっと便利になっていきそうですね。

更に詳しい情報はバッファローのWebサイト『次世代高速無線LAN規格 11ac』でもご紹介されています!

我が家もちょうど、そろそろ無線LANの親機をリプレイスしたいと思っていたので、値段を見てからこちらを検討したいなぁ。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 11acとはなんぞ? という方は以前書いた記事でも軽くご紹介しているのでそちらをご覧ください。 […]