Vostro 460のWindows 7をWake On LAN経由で再起動できるようにする方法

DELLのVostro460WOL(Wake On LAN)経由でPCの再起動や起動をしたいなぁと思ったのでその手順を簡単にご紹介しておきたいと思います。

WOLクライアントソフトは『Wake up On Lan tool』を使っています。
フリーでシンプルに使いやすいソフトです。

では早速手順に。

まず前提条件としてVostro460パソコンのBIOSにてWOLの利用をONにしておく必要があります。
デフォルトでは利用可能(Enabled)になっているとは思いますが、念の為に下記順序で確認できます。

BIOS > Power Management > Wake On LAN from S4/S5

Vostro460パソコンのコントロールパネルを表示して『デバイスマネージャー』を起動します。

「ネットワーク アダプター」>「Broadcom NetLink (TM) Gigabit Ethernet」をダブルクリックします。

「詳細設定タブ」>「Wake Up Capabilities」の値が『Both』になっているのを確認します。

続いてクライアントPCで「Wake up On Lan tool」を起動して下記のようにVostro 460パソコンを登録します。

大切なのは「リモートホスト名」にVostro 460のコンピュータ名を正確に登録することです。
下記コマンドをコマンドプロンプトで実行することで確認することもできます。
> nbtstat -n

あとは「Wake up On Lan tool」を起動して操作するOSアカウントと同じアカウント(パスワードも同じ)を管理者権限でVostro460パソコンに作成しておく必要があるので忘れないように。

これで設定完了です。
必要に応じてファイアウォールの開放も行なってくださいませ!

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする