デジタル機器

  (最終更新日:2016.12.7)

「TAP-TSTUP121」使った電力の見える化ができる無線LANを内蔵した電源タップ。29,800円

サンワサプライから無線LAN内蔵の電源タップ『TAP-TSTUP121』が発売されています。
お値段が29,800円とかなりお高めですが、専用のクラウドサービスに使用電力がアップされるので『電力の見える化』が超簡単にできます。こりゃ便利。

またコンセント毎に電源のOFFもできます。(ONはできません)
コンセント毎に使用電力を管理できるので、電気代の節約を図りたいときに便利ですよね。会社で利用するのも役に立ちそうです。

WiFiへの接続もWPSボタンでワンタッチのようです。

サンワダイレクトで29,800円で購入可能となっています。(執筆時現在)

といってもちょっと個人で買うには躊躇してしまう値段ですね…。



icon

関連記事

  1. デジタル機器

    バッファローが大容量高速無線LAN規格「11ac」に対応した製品『WZR-1750DHP』を発売予定…

    バッファローが大容量かつ高速な無線LANを実現する新規格『11…

  2. おすすめアイテム

    シュッとひと吹きで普通のマスクをパワーアップしてくれる「アレルシャット」

    普通のマスクに、シュッとひと吹き(とはいっても片面3プッシュの…

  3. 家電

    【dynabook V632】MacBook Airよりもこっちがいいかな…と悩んでしまう最強Ult…

    そろそろPCの買い直しを検討しているところなのですが。当面…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

Twitter

  1. フリーソフト

    FFFTPの最新版がリリース。64bit版を含むWindows 8に対応
  2. iPhone

    友達を探すアプリで相手の位置情報が急に更新されなくなった時の解決策
  3. Slack

    Slack:作成済みのWebHook URLを管理・変更する方法
  4. スマートフォングッズ

    ビデオ通話に使えそうなマイク内蔵スピーカーにAnker SoundCoreが良さ…
  5. グリーンランド

    日本一アトラクションが多いテーマパークは熊本県荒尾市のグリーンランドでジェットコ…
PAGE TOP