GoogleMapsに提供されているゼンリン地図がどうやって作られているかが面白い



Googleマップの地図データを供給するゼンリンの開発拠点に潜入という記事が面白かったのでご紹介です。


GoogleMapsやYahoo地図、またカーナビなどに地図を提供しているゼンリン。超有名ですよね。そのゼンリンの地図がどうやって作られているかが紹介されています。

なんと、このうち住宅地図情報の収集方法は、今もなお創業当時と変わらず足を使ってくまなく歩き回り、新しい建物などの新情報を地図上に手書きで書き留めていくという方法。


まぁそうだろうなとは思っていましたが、やはり地道に調査員の方が足で見て回って地図を調査修正しているんですねぇ。だからこそのあのクオリティなのか。本当に一軒一軒の家まで表示されているので、かなりの労力でしょうな。
新築の家が建っていると家主に確認して追加しているんだそうです。


そもそもゼンリンという会社が九州(福岡)の会社だということを初めて知った次第で、九州人として情けない!><


ちなみに僕が今住んでいるマンションは新築の物件なので、まだGoogleMapsにも表示されていません。ゼンリンさん!ぜひよろしくお願いします!(笑)


Photo by 足成


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする