タニタが食後の尿に含まれる糖分から「食べ過ぎ」を判定する機械を開発中



これは欲しい!食べ過ぎが多い僕としては特に(笑)


健康機器メーカーとして有名なタニタが、なんと食後の尿に含まれる糖分から「食べ過ぎ」かどうかを判定する「食べ過ぎ測定機」を開発しているそうですよ。2011年に「2年以内の製品化を目指す」としているので、もうそろそろですよね‥。

R25 Web
大手健康機器メーカーのタニタが現在、食後の尿に含まれる糖分から、「食べ過ぎ」かどうかを判定する「食べ過ぎ測定機」を開発しているそう。今年2月、「2年以内の製品化を目指している」との発表が話題になった。


どのくらいが自分にとって適量なのかってなかなか分かりにくいですよね。 足りないと思って食べたら食べ過ぎだったとか、多いと思って減らしたら足りなかったとか‥。 そういうのを簡単に教えてくれる機械が一家に一台ぐらいで普及してくれたら嬉しいなぁ。
てかトイレにオプション装備して欲しい(笑)


ではまた。


  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする